STORY:スカジャン誕生の歴史 DESIGN:スカジャンの刺繍型 KOSHO & CO.:港商(こうしょう)商会スペシャルエディション BOOKS:関連書籍 TAILOR TOYO TOP PAGE:テーラー東洋トップページへ
STORY:スカジャン誕生の歴史
STORY:スカジャン誕生の歴史
日本で生まれた唯一の洋服、スカジャンの発祥とその歴史。

 経済活動の活発化を目論んだ政策として、戦後、GHQの政策で日本の経済界を牛耳っていた一握りの財閥解体が行われた。それによって誕生した会社のひとつが、生地などの輸出入を行っていた「港商」(港商商会)。東洋エンタープライズの前身の会社である。戦後の混乱の中、銀座界隈では米軍将校を相手とした露店が並び、そこで売られていた着物や帯など日本の伝統品を土産物として欲しがる米兵たちで溢れかえっていた。

 露店街に集まる米兵たちの姿を目の当たりにし、港商の社員が考案したのがオリエンタルな刺繍を施した土産物としてのジャンパーだった。アメリカ人に親しみやすいベースボールジャケットを模し、刺繍は桐生や足利の職人に依頼。物資統制で絹糸の入手が難しく、生地はシルクに似たアセテートを使用した。港商はそれを露店に向け販売し、瞬く間に人気を博す。やがてそのジャケットは米軍基地内PXの買い付け担当者の目にとまって日本各地の基地に納入され、後に海外の米軍基地にまでも及んだ。当時の納品伝票には、SOUVENIR JACKET(スーベニアジャケット)という商品名が記されていた。

 このように米兵たちから愛され、世界へと広まったスーベニアジャケット。1970年代以降はアメリカに対する憧れとともに日本の若者へ広まり、現在の通称である「スカジャン」と呼ばれるようになった。

Post war Japan, during economic revitalization, General Headquarters (GHQ) carried out dissolution of Japanese financial business conglomerates that were dominating the Japanese financial circles. This major political resolution resulted in the birth of multiple new businesses, Koshoshokai (Kosho & Co.) being one of them. Kosho & Co. originated as an import/export company for clothing fabric, and is the predecessor of Toyo Enterprise, as we know it today. In the midst of the post war chaos, the streets of Ginza, Tokyo became flooded with street stalls selling traditional Japanese items such as kimonos to American officers. Soon, the streets were swarmed with Americans hunting for souvenirs to take back to their home country.

Seeing the vast amount of US military soldiers surrounding the street stalls, an employee of Kosho & Co. came up with a radical idea. The employee devised the creation of a jacket featuring embroidered oriental designs. In order to implement this, craftsmen from cities of Kiryu and Ashikaga were gathered for production. They incorporated the details of a baseball jacket, an already familiar design to the Americans. Due to the scarcity of silk, acetate was used as a substitution, a very similar material. Kosho & Co. sold these jackets on the street stalls, and immediately saw a spike in demand. The word spread to the PX (Post Exchange) of the U.S. Army base, and shortly to all the bases located in Japan and even internationally. Upon inspection of payment sheets, we can confirm that these jackets were labeled as a ‘Souvenir Jacket’ back then.


スカジャンの歴史に関する詳細は、上記リンク先の webカタログ にてご覧いただけます。

閲覧環境 / Microsoft Internet Explorer 7以上(IE9以上推奨) / Mozilla Firefox 10以上 / Google Chrome 20以上 / Safari 5.0以上

JAPAN SOUVENIR JACKET
HISTORY  DESIGN  KOSHO & CO.  BOOKS
"TAILOR TOYO" ACETATE SOUVENIR JACKET NEW:新着情報
"DRAGON"  "RED EAGLE"  "JAPAN MAP"  "WHITE TIGER"
"TAILOR TOYO" VELVETEEN SOUVENIR JACKET NEW:新着情報
"WHITE EAGLE"  "POLAR BEAR"  "ROARING TIGER"  "DRAGON"
"TAILOR TOYO" ACETATE SOUVENIR JACKET (AGING MODEL) NEW:新着情報
"ROARING TIGER (AGING MODEL)"  "EAGLE (AGING MODEL)"
"TAILOR TOYO" VIETNAM JACKET NEW:新着情報
"TIGER"  "VIETNAM MAP (COTTON TWILL)"  "VIETNAM MAP (CAMOUFLAGE LINER)"
"TAILOR TOYO" EMBROIDERED SOUVENIR SHIRT NEW:新着情報
"JAPAN MAP"
"KOSHO & CO." 港商 SPECIAL EDITION NEW:新着情報
"MARINE PHOTO SQDN."
"KOSHO & CO." × "SUGAR CANE" EMBROIDERED DENIM JACKET NEW:新着情報
"FLYING COWBOYS"
COPYRIGHT©  TOYO ENTERPRISE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト上に掲載されている全ての画像の著作権、所有権は東洋エンタープライズ及び原著作者その他の権利者が有します。当サイト上の画像データなどの無断配布・営利目的など二次利用は堅くお断りします。